バースデイ・ガール

2002年12月7日に中央公論社より発行された村上春樹編・訳による短編小説のアンソロジーである『バースデイ・ストーリーズ』に書き下ろし短編小説として収録された。全26貢からなり「あとがき」ではこの短編小説について、肩の力を抜いて楽しんで書かれたものであると記されている

物語は回想から始まる。

二十歳の誕生日を迎えた女の子は、誕生日もまたアルバイト先のイタリア料理店で働くいていた。その日、店のフロア・マネージャーが体調を急に壊し、代わりに彼女がフロア・マネージャー以外誰も姿を見た事の無いオーナーに夕食を運ぶ事になる。時間通りに食事を運んだ彼女はオーナーに年齢を尋ねられ、今日が二十歳の誕生日であると言う。彼女はオーナーに誕生日を祝福のしるしとして一つだけ願い事を叶えようと言われ、戸惑いながらも一つの願い事をする。

回想する彼女に「僕」は尋ねる。願い事は叶ったのか、願い事に後悔はないか、と。

参考文献・・・・出典元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


最新ニュース


スポンサードリンク

翻訳会社 / テープ起こし / 南房総 不動産